フェイスブックでイギリス人の友達を作る方法!

フェイスブックでイギリス人と友達が増えていくサイトの紹介

フェイスブックを使えば、世界中の人とカンタンにコミュニケーションをとれるのはもう知ってますよね。

 

フェイスブックならある程度個人情報も知ることができるので、一般系の危ない出会い系サイトよりはずっと安全性が高いので、フェイスブックを使ってイギリス人の友達つくりをするのもいいと思う。

 

 

イギリス人の友達を早く作っていくには、イギリス人に特化しないで、「日本語を勉強している外国人や日本に興味がある外国人のフェイスブックのグループ」に参加していくこと。

 

これだと、「イギリス人と友達」になることが目的ということを相手に知られずに、自然に友達を増やしていけます。

 

この方法だとイギリス人以外にも外国人の友達ができますが、その友達の友達にイギリス人の友達がいるかもしれない。

 

どこでどう繋がるか分からないから、可能性を広げるためにも「イギリス人」に限定しないで、日本語や日本に興味のあるフェイスブックのグループに参加すること!

 

 

日本語学習目的でイギリス人と友達になれるフェイスブックのグループ

 

Bugumi

 

このサイトは私も登録してますが、日本語を解して日本人の友達を作りたい外国人がたくさん登録してます。
日本語をぺらぺらに話せる人は稀なので、会話はかんたんな英会話になることが多いです。

 

英会話も学びながらイギリス人や他の国籍の人たちと友達になれるには最適です。

 

 


イギリス人に好印象を与える自己アピールのコツ

イギリス人にレスポンスをもらうのに大切なことが3つあります。
当たり前ですがこの3つを注意しない人は友達申請の数が劇的に低いです。

 

相手に信用を与えるために必ずやってくださいね。

 

顔写真を載せる

 

 

顔写真は相手に瞬時に自分のイメージを与える大切な小道具。
いつもの顔より、とびきりいい顔の写真を時間かけてとってください。

 

専門のカメラマンにとってもらうとか、いまだとiphoneのカメラの技術は発達しているので、<美白効果>のように特殊効果で加工してもいいですね。
プリクラでも美白効果やデカ目効果があって、普通にとる顔写真よりずっときれいに写せます。

 

とにかく第一印象は肝心です。

 

友達になるんだって、不細工よりきれいな人のほうがいいでしょ?!

 

 

日本人であることを紹介プロフィールで書くこと

 

 

日本人同士のグループなら、あえて国籍を書く必要はありませんが、Bugumiは世界中の人が登録しているサイトなので、自分がいったい誰なのか書く必要があります。
また<日本人>ブランドは、世界中でもっとも信用がある国籍なので、すぐ友達申請がきます。

 

 

 

 

プロフィール文を詳細に書くこと

 

アメブロとか、他の出会い系サイト、ペンパルサイトでも同じことですが、自分のプロフィールはアピールするところです。
趣味、興味あること、今まで何をしてきたのか、留学経験や語学歴、性格、長所短所などで、友達申請したいかそうでもないかが決まってきます。
できるだけ詳細にまとめて乗せること。

 

文章は英語と日本語のどちらとも乗せたほうがいいですね。
日本語だけだと、日本語が分からないイギリス人も多いので。


外国人の方から自然に友達リクエストを送りたくなるようにする方法

Bugumiや他の出会い系、ペンパル系サイトに登録しただけでは友達リクエストがくるのは遅いです。

 

他の日本人のライバルより先にメッセージをもらえるようにするコツは、やはり自分からコメントを載せることです。

 

グログと同じですが、ブログを更新しない人やコメントしない人は、いつまでたってもブログを読んでくれるユーザーが増えません。
それと同じこと。

 

日本語に関するおもしろい記事や、日本の日常おきたこと、ちょっとした事件や芸能界のこと、20台、30台は日本のマンガやコスプレに興味のある人もたくさんいます。
そういうことを自分のコメントを少し加えながらフェイスブックに登校していけば、他のユーザーと差がつきます。

 

 

これも英語で書くと、日本に興味のあるイギリス人も当然記事を読むことになります。
だから当然友達リクエストが増えていきます。

 

もうひとつやることは、イギリス人が発しているコメントに「いいね」ボタンを押したり、その記事に対して自分の考えをコメントすること。

 

当然、英語で。
そうすることによって自分の顔も存在もアピールしていくことができます。

 

たくさん登録している日本人の中で、どのようにして自分アピールしてイギリス人に友達リクエストをもらっていくかが鍵になってきます。


page top